Connecting...

記事一覧に戻る

タイ市場動向レポート:2017年第1四半期

Posted 6ヶ月 前 by JAC Recruitment Thailand

W1siziisijiwmtcvmdcvmdcvmdqvndmvmjyvms9zahv0dgvyc3rvy2tfmtyxndq2otu1lxjlc2l6zs5qcgcixsxbinailcj0ahvtyiisijgwmhgzntajil1d

国王崩御後の自粛状態が終了し、景気回復へ 企業の採用、転職者の転職意欲も高い

70 年間国民の尊敬を集め続けた国王の崩御による消費活動の自粛が収束しつつあり、徐々に低迷していた景気に回復の兆しが出てきました。日系企業の経営者によるDI(景気動向指数)によると、2017 年上期は回復することが予想されています。

企業の採用動向
長期に及んだ国王崩御の自粛状態がほぼ収束したことで、新年度の新しい年間採用計画の下、企業が戦力の増強を図り始めたことにより、2017 年1 月~3 月期の新規求人数は前期比で35%増と大幅に伸張しました。自動車や電機業界だけでなく、公共工事やコンドミニアム・ショッピングセンターの建築が進んでいるバンコク地区では、建設系の求人も安定して増加しています。

求職者の動向
景気低迷が長期化したため、数年間0%台だった失業率は1%を越えたものの、依然として周辺各国よりは低いため売り手市場であることは変わりありません。ボーナス支給直後に転職活動を開始した求職者たちの転職活動は一巡したものの、昨年末の国王崩御後に就職・転職活動をストップした人材は継続して活動を行っています。

対前四半期の求人数35%増

JACリクルートメントアジアは中国以外、英国とアジ アで10カ国(シンガポール、マレーシア、インドネシア、タイ、香港、韓国、ベトナム、インド、英国、日本)にも事業展開しており、インターナショナル人材紹会社としてはアジアで最も長い実績を持っています。「2016 年4月~6月 アジア各国のホワイトカラー人材紹介市場の動向」の全レポートはこちらでご覧になれます

 

御社の採用ニーズに関してのご相談

■ 現地の採用事情の最新情報をより詳く後相談ご希望の方は是非お気楽にお問い合わせください。弊社の現地スペシャリストの担当者が対応いたします。