Connecting...

記事一覧に戻る

タイ市場動向レポート:2016年第3四半期

Posted 10ヶ月 前 by JAC Recruitment Thailand

W1siziisijiwmtcvmdcvmdcvmdqvndqvmtgvotc3l3nodxr0zxjzdg9ja18xnje0ndy5ntutcmvzaxpllmpwzyjdlfsiccisinrodw1iiiwiodawedm1mcmixv0

景気は厳しいが、転職・採用活動は旺盛国王死去の影響で、一定期間採用を控える動きも

8月の国民投票で新憲法草案が無事に承認され、タイ政府は2014年5月のクーデター以来、民主化への方向性を示しました。
しかし、70年間国民から絶大な支持を集めた国王の死去により政治・経済が不安定になることが懸念され、景気低迷によりしばらくは先が読めない状態が続いています。

対前四半期の求人数5%増

企業の採用動向
年間採用計画の策定を始めた大手企業と採用が難航している中小企業では状況が異なりますが、全体感での企業の採用動向はおおむね横ばいの状態です。国王の死去による自粛状態がしばらく続くことが予想されることから、採用を控える企業が増える可能性があり、回復は来年以降になる見込みです。

求職者の動向
依然として1%前後の失業率は変わらず、景気に関係なく売り手市場が続いています。タイの人々は、年末から年始にかけて年に1度だけ支給されるボーナスを通常の給料と考える慣習があるため、ボーナスが支給される来年初旬まで転職活動を控えることが考えられます。

JACリクルートメントアジアは中国以外、英国とアジ アで10カ国(シンガポール、マレーシア、インドネシア、タイ、香港、韓国、ベトナム、インド、英国、日本)にも事業展開しており、インターナショナル人材紹会社としてはアジアで最も長い実績を持っています。「2016 年4月~6月 アジア各国のホワイトカラー人材紹介市場の動向」の全レポートはこちらでご覧になれます

御社の採用ニーズに関してのご相談

■ より詳しい情報ご希望の方、ご相談の方は是非お問い合わせください。To consult with a professional recruitment consultant about your staffing needs, contact us at

E: TODO
T: TODO